大阪市中央区松屋町,長堀橋,森ノ宮の歯医者【ささき歯科医院】 - Just another WordPress site

地下鉄松屋町駅・谷町六丁目駅・長堀橋駅からすぐのささき歯科医院です。

診療時間
8:30~13:00
14:30〜18:30
× ×
  • 土曜日は9:00~13:00です。
  • 水曜・日曜・祝日は休診日です。

instagram

  • instagram

包括的な治療を行います

全体的にちゃんと
治したい

加齢に伴い歯の不具合、違和感を感じていらっしゃる方は多く見られます。当院は特に中年層以降の患者様が多く来院され、複雑な症例からそうでない方まで幅広く対応してまいりました。「たまに奥歯が腫れる」「銀歯が外れた」「アゴが変な気がする」「前歯が動く」「どうも治療してからうまく噛めない」、それらの原因を一つずつひも解き、根本的な解決を図ります。

大事な歯を残すために

自費根管治療

根管治療は、根管という歯の内部の管を洗浄・消毒する治療です。マイクロスコープやCTなどの高度な医療機器、及びそれらを使いこなすためのトレーニングが求められます。これまで院長は、日本を代表する根管治療医に学び、難症例を治療して参りました。

このような方におすすめです。
●今まで何回も治療した歯が再び違和感がある
●体調が悪いと歯茎が腫れる

歯並びを綺麗に、笑顔を素敵に

矯正治療

表側ワイヤー矯正、裏側ワイヤー矯正、マウスピース矯正各種に対応しております。
ワイヤー矯正は食事に煩わしさがありますが、歯科医院でのコントロールの元、歯が綺麗に並んでいきます。
マウスピース矯正は、毎日22時間の装着を長期間行わなくてはならず自分のコントロールが求められますが、目立ちにくく、食事中のストレスも少ないです。
矯正治療で、美しさと噛み合わせを同時に改善して参ります。

歯を無くしてしまったら

インプラント

不運にも歯を抜かざるを得なくなった場合に選択肢に上がるのがインプラント治療です。義歯治療やブリッジ治療と比べ、世界的に第1選択に上がりやすい治療方法です。しかし、ただ歯が無いからそこにインプラント治療を行えばいいというものでは決してありません。口の中の全体の状況、引いてはお体の状況と合わせて考えないと、後の人生で後悔することにもなりかねません。院長は様々な勉強会、学会に参加して研鑽を積むと共に、定期的に開催される症例検討会へ赴き、最新の動向をリサーチし続けています。

このような方におすすめです。
●歯がないところに歯が欲しいが、今後の他の歯のことも含め、相談したい
●様々なHPでインプラント治療を見かけるが、どこがいいのかわからない

機能的で美しい口元を

セラミック治療

綺麗なセラミックを入れるためには、セラミックに精通した歯科技工士との連携が必須です。日本有数の歯科技工士とタッグを組み、美しく長持ちするセラミック治療を提供させていただきます。

このような方におすすめです。
●本当にわからない自然なセラミック治療をしたい
●ものすごく綺麗・かわいい、セラミックを入れたい
●奥歯の銀をセラミックにかえたい、長持ちさせたい。

初診の患者様へお願い

初診の患者様へ

現在当院では電話での初診受付を行っておりません。

無料メール相談から、お悩み事・治療に関するご希望など、また定期検診のご希望などを入力の上、お送りいただければと思います。

メールを確認次第、すぐにお返事させていただきます。

その上でお約束のお日にちをお取りさせていただければと思います。

なお、最終受付は平日の17:00で、平日の17:00以降、及び土曜はお約束の時間としてお取りいただけないことをご了承ください。

お手数をおかけいたしますが、何卒よろしくお願いいたします。

ささき歯科が心がける治療

  1. できるだけ患者さまに
    痛くない治療を受けて頂くために

    心がけ その1針なし麻酔

    無痛治療へのこだわり

    「麻酔が痛い」のは誰しもが思うところだと思います。当院では最新の前処置によって、麻酔の瞬間のちくりとした痛みを軽減することに重きをおいております。

    表面麻酔のゼリーを塗布したのちに、針無し麻酔器によってさらに表面麻酔を追加、また体温に温めた麻酔薬を使用することにより、人によっては「まったく痛みを感じなかった」とおっしゃっていただけることもあります。

  2. 再発しない・
    やり直しのない精密な治療を

    心がけ その2マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)⋅拡大鏡

    裸眼診療での限界

    当院では歯科医師によるほぼすべての診療を、マイクロスコープ(~24倍)、および拡大鏡(サージテル10倍)を使用して行っております。

    裸眼では見落としてしまう虫歯や歯石を取り逃さないことももちろんですが、「歯医者にいっても、いまいち何をされているかよくわからない」ということがないよう、治療経過を撮影してご覧になっていただくことにより、「分かりやすい」「なるほど」とご納得頂けるように努めてまいります。

  3. 心がけ その3患者さん2人同時進行での治療は行いません

    かつて歯科医院では、たくさん患者さんを診る医院経営が良しとされていました。
    30分に2人の患者さんを同時にテンポよく治療することで数を稼いでいたのです。
    しかし時代は移り変わり、現代においては人数をこなす診療ではなく、
    一人一人の患者さんの治療を十二分にしっかり行うことが必要とされるようになりました。
    それは保険診療においても自費診療においても変わりません。
    30分なら30分、1時間なら1時間、急患の方がいらっしゃる場合はこの限りではございませんが、
    いただいた時間を1人の患者さんに費やし、診療を行います。

  4. 心がけ その4最新の医療を学び続ける

    自分や自分の大切な人の主治医が、最新のトピックに明るくないのはいかがでしょうか。
    もちろん院長の経験や歴史に基づいた方法を否定はしません。
    しかし歯科界は日進月歩の世界です。最新の材料を取り入れ、技術を学び続け、
    患者さんに還元することが医療従事者として必要なことだと考えています。

  5. 心がけ その5充分な説明と選択

    歯科では治療に際し様々な選択肢がある状況が多いです。
    その一つ一つを、メリット・デメリットを踏まえて丁寧に説明しています。
    口頭だけでなく、書面や、画像入りの資料、診療後のメールのやりとりで補足することもあり、患者さんが選択を行いやすいように心がけています。

  6. 心がけ その6院内の清潔さ

    これは治療内容と直接は関係しませんが、私は重要だと考えています。
    歯科医院というのは治療において回数がかかったり、定期検診で度々訪れる場所です。
    「綺麗にしてあるな」「清潔そう」と感じることは、気持ちよく通っていただくことに繋がります。
    清掃が行き届いている、整然とものが置かれている、といった視覚的にクリーンであることは、歯科医院にとって必要なことだと考えます。